ノーコメントは身を守る

メーガンが、王室に入る時に、みずから反論のメッセージやコメントが出せなかったと文句を言っているが、
これはまだイギリス王室に入る時から聞こえてき事ですね、
そんなに反論したかったのか、、気持ちは分かるが。
でも王室もバカじゃないし、ノーコメントが身を守ることもあるのだ。
ノーコメントで公務を行っていたらいつかは認めてもらえたのに、早すぎるし、ワガママし放題ですねこの人。
ヘンリーもどうかしてるけど、メーガン、、恐るべしです。

お金が欲しいわけじゃないと思ってたけど、今はお金も欲しいんだなって思えます。
地位と名声とお金、、これがないとダメになってしまったんでしょう。
もとの旦那さんも踏み台にされたって噂ですもんね、
王室の関係からか、彼からはそれこそコメントはないけど、正解ではないのか。
あまりしゃしゃり出るべきではないのだ。
彼女はなんでもかんでも「人種差別だ」っていいすぎ。
そうじゃないよ、あんただから叩かれるんですよーー!
ここは間違えてはいけない。
ヘンリーも目を覚ませ!!

、、言えば言うほどダメなんだろうなーー。

このブログ記事について

このページは、ながとが2020年10月 1日 18:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ドメインって何?」です。

次のブログ記事は「よっこいしょ!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。