2020年2月アーカイブ

なんとマンチェスター出身!

映画「オデッセイ」を見てて、中国人風の、でも英語のめちゃくちゃうまい(というかネイティブ)の俳優さんがいて、
妙ーーに気になったので調べてみたいのですが、
なんと、マンチェスター出身の俳優さんでしたーー。

ベネディクト・ウオンさんです。
香港系、となっています。
もとは中国系の家系なんでしょうねー。

オデッセイの映画のなかでもアメリカ英語ではなかった気がするし、なんだか納得です。

とはいえ、どうして彼を起用したんだろ。
中国が助けるって内容になってることもあるのかな?

エンジニアの役柄で、非常にうまかったです。だからこそ気になったのでした。

ジェシカ、という女優さんも出てまして、
NASAの司令官にもなろう人がこんなきれいなわけないじゃん、
ってひとりでつっこみ入れてましたよw

あんな綺麗あ女優さんを使うべきではないね。
映像としてはキレイだけど。
ケイト・マーラーさんは正解だったと思います。
いや、キレイじゃないってんじゃなくて。

この映画はわかりにくい、とされていますが、あとでちゃんと調べてみるととても面白い内容になっています。
まだ見てない人は是非。

このアーカイブについて

このページには、2020年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2020年1月です。

次のアーカイブは2020年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。