どっちでもいい

イギリスのロイヤル・ファミリーに嫁いだメーガンさんが「気難しい」とのゴシップがあります。
でもそんなのどっちでもいい。
あの家族が平和に暮らしていてくれたらいい。
だから気難しいのは困るのかもだけど、うまくいってそうな気がするし、
そうじゃなくても、そんなのどこの家でもあること。

あまりゴシップで騒がない方がいーんじゃないかとも思うけど、
自分もそうだけど、どうも気になるんだな(笑)ロイヤルって。

でもどうやら本当に、そんなに気難しいわけではないらしい。
というか、」そうであっても別にいいのでは?

ロイヤル・ファミリーに関わるスタッフというのもどこか階級が上の人達なのだろうし、
アメリカから来た女優さんの仕事ぶりと、今までのやり方と違うから戸惑うこともあるよね。
ただそれだけのこと。
鳴れですよ、慣れ。

気難しいわけではないんじゃないかなー、もちろん想像だけど。
逆にキャサリン妃は、そもそも育ちがいいですね、上品です。
このふたりを比べてはいけない気もする、、比べたくなるけど(笑)。
気持ちは分かるけど、、でもまー、放っておけば>
私はどっちでもいいです。
ゴシップを聞く方が嫌かな。

このブログ記事について

このページは、ながとが2019年5月 1日 17:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「白髪について」です。

次のブログ記事は「14時間!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。